052-211-3639

お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

電話でのお問い合わせ

弁護士日記

弁護士日記

李栄薫編著「反日種族主義」を読んで(2)

2020年04月21日

 前回に引き続き、李栄薫編著「反日種族主義」について感想を述べる。今回は、その2回目である。ここでは、慰安婦問題と並んで歴史を歪曲した「いわゆる強制動員」について感じたことを述べる。 
 日本人が、いわゆる「強制動員」という言葉を聞いた場合、どのような印象を持つであろうか?大方の日本人は、戦前に朝鮮人が日本に、本人の意思に反して、暴力的に連行されたという光景を思い浮かべるのではなかろうか。
 ところが、そのような事実は全くなかったのである。歴史を最初に歪曲しようとしたのは、1965年、朝鮮大学校の教員であった朴慶植という人物である(66頁)。朴の主張とは、朝鮮内で動員され日本の官憲によって日本に連れて来られた朝鮮人は、奴隷のような扱いを受け、1銭ももらえず朝鮮に帰ってきたというものであり、これを「強制連行説」という(67頁)。
 しかし、これは虚構であり、創作にすぎない。朝鮮人が、戦前に日本に渡ってきた時期は、1939年の9月から1945年の8月頃までである(66頁)。約6年間にすぎない。その大部分の時期にとられていた方法とは、募集(1939年9月~)であり、また、官斡旋(1942年2月~)である。徴用という方法が用いられたのは、戦争末期に当たる1944年9月から1945年4月頃までの僅か8か月にすぎないのである。
 このように「日本に渡った朝鮮人の多くは、自発的にお金を儲けるために日本に行った」(70頁)ということである。そして「賃金は基本的に正常に支給され」(76頁)、他の日本人と同様に強制貯蓄という仕組みがあったが、「二年間の契約期間が終わると、利子と共に貯蓄をみな引き出」すことができ(76頁)、また、日本にいるときは「朝鮮にいる家族に送金することもできた」(同頁)のである。
 つまり、当時の炭鉱労働者は、日本人であろうと朝鮮人であろうと関係なく、分け隔てなく正常に賃金が支給されたのである(84頁)。ところが、韓国では、朝鮮人を賃金で差別したという嘘がまかり通っている(同頁)。政治的目的による賃金差別論である。なぜ、歴史的な事実を冷静に見て議論をしようとしないのか。それは、研究者たちの考え方が、反日という政治的な目的を持っているためである(87頁)。
 では、当時、朝鮮から日本に出稼ぎに来ていた朝鮮人炭鉱夫の賃金の水準は、どの程度だったのか。1940年を基準として比較すると、炭鉱夫として日本で働いていた朝鮮人男性の平均賃金は、ソウルの男性教師の4.6倍であり、また、男性会社員の3.5倍という高水準の金額であったことが分かる(92頁)。1944年の日本人大卒事務職と比較しても2.2倍という高額であった(92頁)。高給取りということである。
 徴用が実施されたごく短期間においても、多くの朝鮮人がブローカーに大金を渡し、朝鮮から日本に密入国しようとしたくらいである(68頁)。当時の朝鮮の若者にとって、日本に行くことは、夢をかきたてられることだったのである(同頁)。
 ところが、最初は、北朝鮮系の人物が唱えた強制連行説が、今の韓国では通説のようになってしまった。その人物の当初の意図とは、韓国と日本の接近を阻むことである。分かりやすくいえば、韓国がまともな国となって西側民主主義国の一員になっては困るということである。仮にそのようなことになったら、独裁者のキム一族としては非常に困るのである。
 そこで、韓国と日本を永久に仲たがいさせることが北朝鮮の利益になるという目論みの下で、北の機関によって、デタラメの主張が開始されたということである。いわゆる政治的プロパガンダが始まったということである。
 その後、北朝鮮にとっては、事はうまく運び、歪曲された歴史が、繰り返し教育され、今日では韓国人の一般的常識となっている(67頁)。今でも、北朝鮮の工作機関は、「もっと韓国民を洗脳して、韓国を、永久の反日国家に仕立てあげてやろう」と策謀を継続しているに違いない。ところが、次回に紹介するかもしれないが、そのような二国間の離反工作に結果的に力を貸しているのが、日本国内の反日勢力(マスメディア、新聞記者、政治家、学者等)である。
 現在の大統領である文(ムン)は、もともと、親北・反米・反日の人間であるため、このような歴史の捏造がムン政権の下で正しく改められる可能性はゼロである。本質が筋金入りの左翼活動家であるムンの下では、今後、韓国においては、ますます北朝鮮に接近する政策がとられることになることは間違いない。換言すれば、韓国を破滅させ、国土と国民を北朝鮮にささげようという方向性が強化されると私は予測する。
 思うに、わが身の危険を顧みることなく「反日種族主義」という本を執筆した韓国人の学者の思いとは、韓国人が、このまま間違った思想に支配されていると、大変なことになるという危機感の表れではなかろうか。
 この本は、次のようにいう。「この国は嘘の天地です。偽証罪と誣告罪が日本の数百倍にもなります。各種保険金詐欺がアメリカよりも百倍も横行しています。政府支援の3分の1が詐欺で横取りされています。民事訴訟の人口当たりの件数は世界最高です。韓国人の息遣いには嘘が染みついていると言われます。このような主張に、大部分の韓国人は即座に同意します」とある(327頁)。
 この認識が正しいとしたら、日本人はよほど注意しなければならない。一部の反日新聞記者やテレビキャスターがいう「韓国は隣国である以上、仲良くしましょう」という発言は、極めて不用意であり、かつ、無責任なものであるといわざるを得ない。このようなものは排除する以外にない。

日時:21:39|この記事のページ

ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.