052-211-3639

お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

電話でのお問い合わせ

弁護士日記

弁護士日記

反日韓国とは完全に手を切れ

2019年08月29日

 韓国の文(ムン)の暴走が止まらない。いよいよ末期的症状を呈してきたようである。文(ムン)が逮捕・投獄され、懲役刑を務める日も遠くないであろう。
 もともと韓国人は、長年にわたる、間違った反日教育のために、日本国つまり日本人を快く思っていない。
 ところが、テレビなどで、韓国を旅行した日本人が、「韓国人は皆親切でした」と答える場面が放映される。しかし、私は「待てよ。本当か?」と思う。
 理由はいろいろある。第1に、日本人が観光客として韓国に行ったのであるから、観光地の営業関係者が「日本人よ、ここへ来るな」などと言うはずはなく、営業用の笑顔を振りまいて愛想よく対応していてもおかしくない。
 第2に、テレビ局の記者が、一体何人の観光客に質問したのか不明であり、適当に選択して、局の方針に合致するような答えをした者を恣意的に選んでいる可能性がある。
 第3に、仮に観光客が、「竹島は日本固有の領土だ」などとソウル市内で発言した場合、韓国人が笑顔で対応するはずはなく、突然、感情的になって、その観光客を攻撃してくる可能性がある。場合によっては、いきなり暴力を振るってくる危険もある。
 現在、U18の高校生が、韓国における野球の試合のために、韓国に渡っているが、高野連は、球児が着るポロシャツを無地とし、恒例の日の丸の刺繡をわざわざ外した。その理由は、高野連の説明では、確か「高校生の安全を確保するため」というものであった。
 私は、高野連の対応は、間違っていると確信する。野球を代表する高校生として韓国に行くのであるから、堂々と日の丸をつければ良いのである。何も遊びに行くのではない。純粋に野球をしにいくのであるから、また、未成年者として団体行動を義務付けられているのであるから、危険が生じる可能性は低いと言うべきである。仮に、高野連の言う「危険が及ぶことを考えた」という理屈が正当なものであれば、一般の観光客の方がもっと危険だということになる。日本人は、当分の間は観光目的で韓国に行ってはいけないことになる。
 文(ムン)は、本日、日本を批判し、「歴史の過ちを反省していない」と発言したが、一体、「反省していない」のは誰だと言いたいのか?誰を名指しているのか?この点は重要である。答えは文(ムン)が知っている。
 終戦当時から既に70年余年も経過した今日、当時の指導者的な軍人や政治家は、ほとんど生存していないはずである。そうすると、文(ムン)のいう「反省していない」という主体は、少なくとも、死者ではなく現在の安倍政権関係者を指すというふうに考えられる。
 より正確に考えた場合、単に安倍政権の関係者だけを指しているのではなく、日本人全体を指しているというふうに思考した方がむしろ整合性がある。
 しかし、私は、「文(ムン)よ、バカも休み休み言え。」と言いたい。そもそも、日本が反省すべきことはほとんどないのである。前提が間違っている。
 つまり、日本が反省するべき歴史的事実はほとんどない。したがって、反省すべきであるという発言自体が根拠のない妄想だということになる。確かに、過去に反省の言葉を述べた不見識な日本の総理大臣がいたが、あのような愚行は行うべきではなかった。
 戦前の国際社会とは、「食うか、食われるか」という時代であり、弱い国は、強い国によって支配され、滅ぼされるのが当たり前の世界だったからである。道徳的に「良い・悪い」の問題ではなかった。他国に支配されたくなければ、自らが強くなるほかない世界だったのである。「勝てば官軍」ということである。
 また、文(ムン)の発言は、上記のとおり、現在の日本人全体に対し、反省を求めているというふうにも解釈できるが、現在の日本人は、既に70年余年も前に起こった出来事について責任などあるはずがない。また、文(ムン)の言う「反省すべき事実とその責任」とは、一体どのような性質のものなのか、この点も明らかでない。
 過去の指導者層にあった軍人個人の民法上の法的責任が相続人に相続されて、現在の相続人に包括的に承継されていると言いたいのであろうか?しかし、そんなものは、認め難い。仮に責任があったと無理に解釈したとしても、既に時効で消滅している。現在では認められないのである。相続人が、文(ムン)から、反省しろと言われる根拠は全くない。
 あるいは、法的な責任ではなく、法律外の道徳的責任を指しているのであろうか?仮に道徳的責任と解釈した場合、そのようなものは、仮に軍人個人にあったと無理に解釈しても、せいぜい、今から70年余年前の一部の指導者的軍人に当てはまる事柄であり、現在の日本人には全く関係ないことである。現代の日本人に道徳的責任など存在するはずがない。
 さらに、文(ムン)の言う「反省すべき事実とその責任」の主体が、日本国自体を指すと解釈した場合、そのような責任は、20世紀後半に締結された日韓請求権協定ですべて解決済みである。
 日本は、太平洋戦争で激しく戦った米国や英国とも、戦後になってから講和条約を締結し、国としての法的な責任を果たしている。太平洋戦争で十数万人もの犠牲者(死者)を出した米国でさえ、講和条約を締結したことで、以降は何も言ってこないのである。
 ところが、日本と戦争をしたことがない韓国の大統領だけが、未だに、「責任を取れ」「反省が足りない」と喚いている姿は、およそ常軌を逸した異常行動というほかない。地獄の餓鬼のような、あさましい姿と似ていると言うほかない。 
 いずれにせよ、日本人は、隣国の文(ムン)のような、どうしようもない輩と関わっている暇などない。日本は、韓国とは手を切ることを決断すべきである。

日時:19:22|この記事のページ

ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.