お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

052-211-3639

電話でのお問い合わせ
メール相談申し込み

解決への道すじ

解決への道すじ

取扱い事件の概要

取扱い事件の概要

(1)ご相談内容の一例

現在、治療中であるが、今後、相手方の保険会社とは、どのように交渉すればよいか?また、治療を継続するに当たって、どのような点に気をつけるべきか?

後遺障害等級の認定申請を行ったところ、非該当となった。しかし、納得がいかないので、自賠責保険に対し、異議申し立てをしたいが、異議は通るか?

相手方の保険会社から賠償金の提示があったが、果たして妥当な金額かどうか分からないのでみて欲しい。

訴訟ではなく、示談で事件を解決したい。何か適切な方法がないか?

(2)解決への第一歩

 多くの方が、疑問を感じつつも、保険会社の言われるままに手続を進めてしまうことが多いのではないでしょうか。しかし、それでは、保険会社のペースで事が進められてしまいます。

 そこで頼りになるのが弁護士です。

 当事務所では、交通事故に詳しい弁護士が親身になって相談者とともに問題の解決に当たります。

 一人で悩むより、まずは当事務所の弁護士にご相談ください。

①後遺障害の等級認定に関する事件

 事故による怪我の治療中である、あるいは怪我の治療が終わった(症状が固定した)が、今後どうすればよいか、という場合がこれに当たります。怪我の程度が重くて後遺障害が問題になる事件と、怪我の程度が比較的軽くて後遺障害が問題にならない事件に区別することが可能です。
 ご相談いただいた結果、後遺障害の等級認定手続を取られたほうがいいと思われる方には、等級認定に関する手続のご案内をさせていただきます。その結果、具体的な障害等級が出されれば、その等級に基づいて加害者に対し損賠賠償の請求を行います。
 なお、実際に出た障害等級が、ご依頼者の予想を下回ったり、あるいは非該当(後遺障害なし)の結果に終わった場合は、ご依頼者とご相談の上、異議申立ての手続をとることもあります。

後遺障害等級とは

 後遺障害等級とは、事故による傷病が、これ以上良くも悪くもならない状態に至っていると主治医が判断したとき、損害保険料率算出機構という公平な機関で、後遺障害の等級を14級から1級までの範囲で認定してもらった結果をいいます(傷病が軽度の場合は、等級非該当もあり得ます。)。
 相手方保険会社が窓口になって行う方法(事前認定)と、被害者自身が手続を行う方法(被害者請求。16条請求ともいいます。)があります。

高次脳機能障害・CRPS

 なお、当事務所は、特別な知識と経験を要する、高次脳機能障害や、CRPS(RSD)の被害を受けた方々の事件を積極的に取り扱っており、これまでに多くの解決実績もあります。
 高次脳機能障害またはCRPS(RSD)が問題となった事件(抜粋。ただし、イニシャルは仮名です。)

※表は横にスライドします

判決又は和解成立年 高次脳機能障害 CRPS(RSD)
平成16年 1件(Eさん)
平成20年 1件(Eさん 1件(Oさん
平成23年 2件(HさんSさん
平成26年 2件(IさんAさん 1件(Iさん)
平成29年 1件(Mさん

上記以外で、過去に解決した事件の詳細は、「交通事故ブログ」をご覧ください。

<事件の流れ図>

②損害賠償金の増額に関する事件

 怪我の治療が終わり、後遺障害の等級認定も受けて保険会社から賠償額の提示もあったが、その金額が果たして妥当なものかどうか分からない、という場合がこれに当たります。
 この場合は、保険会社が提示した賠償額計算書をみて、その内容が妥当なものかどうか、ご相談者と一緒によく検討します。
 損害賠償の増額に関する事件の場合、正当な損害賠償額の支払を加害者に請求します。

<事件の流れ図>

ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.