052-211-3639

お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

電話でのお問い合わせ

他の弁護士業務

他の弁護士業務

 当事務所では、交通事故関連業務の他に、以下の弁護士業務を行っています。

  1. 農地法相談
  2. 農地法研修会講師業務
  3. 家事事件及び一般民事事件

農地法相談

 当事務所では、農地に関する民事紛争について、随時ご相談を承っております。
 ご相談の方法ですが、近隣にお住まいの方の場合は、当事務所にて面談による法律相談をいたします。相談料金は、原則として、30分以内で5,000円、60分以内で10,000円です(税別)。ただし、法律相談に先立って資料を検討した場合は、5,000円(税別)の加算があります。
 遠隔地にお住まいの方の場合は、先に当事務所あてに質問書と説明資料を郵送していただきます。その後、こちらでその書面を拝見して、相談料金の見積書を作成し、ご相談者にご通知します。ご相談者がその見積金額に同意される場合は、相談料金の振込確認後に、書面にてご回答を差し上げます。書面による法律相談の料金ですが、事案の複雑さに応じて金額が変動します。多くの場合、3万円~5万円(税別)となります。
 なお、回答の正確性を維持するため、電話によるご相談は行っておりません

農地法研修会の講師業務

 当職は、地方自治体職員向けの研修会において、長年にわたり講師を務めた実績があります。
 農地法研修会の講師派遣依頼に当たっては、次の点に留意される必要があります。
 第1に、研修会のテーマです。研修会のテーマを何にするかという点は重要といえます。研修会のテーマについては、定番のテーマから、やや特殊なテーマまで、いろいろと考えられます。テーマについては、原則として、主催者の方から希望を出していただきます。
 第2に、研修時間です。1つのテーマに絞って研修会を開催する場合は、90分から120分程度で足りると思われます。そうではなく、広い範囲にわたって体系的な知識を身に付けることを目的とする場合は、150分程度を要すると考えられます。
 第3に、研修資料です。研修資料は、研修会で取り上げるテーマに合った資料(レジュメ)を講師において作成し、それを研修会の主催者に対して1部交付します。主催者は、その資料を研修会参加者の数に見合った数だけ印刷していただき、研修会当日に配布していただきます。
 第4に、講師料金です。料金は下記のとおりです。ここに記載された講師料金には、講演会場に到達するまでの交通費は含まれていませんので、別途、実費が必要となります(特急座席指定料金等)。なお、ここに記載されていない都市についての講師料金は、別途お問い合せください。

講師料金額早見表(但し、2021年5月1日以降開催のものに適用します)

対象都市 講義時間
90分 120分 150分
A 名古屋、岐阜 60,000

70,000

80,000

浜松、津、彦根、大津、京都 70,000

80,000

90,000

横浜、静岡、福井、大阪 80,000

90,000

100,000

東京、奈良、神戸、姫路、岡山 90,000

100,000

 -

B さいたま、千葉、松本、金沢、和歌山、広島 100,000

110,000

 -

C 福島、宇都宮、水戸、長野、富山、山口、福岡 110,000

120,000

 -

※ 講師料金は、講演内容によって変動することがあります。講師料金には、消費税10%が含まれています。
※※ ここでいう対象都市とは、原則として、JRの主要駅の所在地を指します。例えば、名古屋とはJR名古屋駅を指し、横浜とはJR横浜駅を指します。なお、上記以外の都市についても講師業務は可能ですので、ご希望のときはお問合せください。
※※※ 対象都市から、講演会場まで、片道おおむね30分を超えますと、講師料金が一律5,000円(税込み)加算されます。
※※※※ 講義時間が90分のときを除き、120分のときは途中でおおむね5~10分間の、また、150分のときは途中でおおむね10分間の休憩が入ります。
※※※※※ Cグループ及びそれに準ずる都市の場合、原則として宿泊料金(実費)が別途かかります。

家事事件及び一般民事事件業務

離婚・相続・遺言、一般民事事件

 当事務所では、離婚・相続・遺言などの家事事件の他に、一般民事事件に関するご相談にも応じています。ご相談料金は、原則として、30分以内で5,000円、60分以内で10,000円です。

ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.