お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

052-211-3639

電話でのお問い合わせ
メール相談申し込み

弁護士日記

弁護士日記

農地法研修in愛知を終えて

2013年10月31日

 今週の月曜日(10月28日)は、恒例となっている農地法研修会が名古屋市内であった。私は、以前から、毎年春と秋に開催される愛知県農業振興課主催の農地法研修会の講師を務めている。今回は、愛知県下の市町村農業委員会、愛知県庁及び愛知県農業会議の各担当者の方々が出席しておられた。会場である愛知県庁三の丸庁舎8階の会議室には、全部で80名ほどの受講者が集まっておられた。

 今回、私が取り上げたテーマは、「農地紛争の処理」というテーマであった。内容は、行政不服申立て制度と行政事件訴訟制度である。これらについて90分間にわたってお話をした。受講者の大半は、法律の基礎的知識が十分でない人々と思われた。そのため、法律家向けの難しい話をしても何も理解していただけないおそれがある。そのため、初心者向けに、できる限り平易な解説を心掛けたつもりである。ただし、最後の方になってやや時間が不足し、解説が駆け足になってしまった点が今回の反省点である。

 なお、講師料金は、非公開である。ただし、研修会場と私の事務所が徒歩10分の近距離にあるため格安料金となっている。儲けはほとんど何もない(むしろ赤字である。)。しかし、民法及び行政法から見た農地法の正しい解釈を行政機関の担当者に理解してもらうための公益性のある仕事として、私としては重視している次第である。

日時:13:16|この記事のページ

カテゴリー

月別バックナンバー

最近のエントリー


ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.