お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

052-211-3639

電話でのお問い合わせ
メール相談申し込み

弁護士日記

弁護士日記

飲酒運転と危険運転致死傷罪の適用

2007年12月27日

新聞報道によれば、平成19年12月25日、名古屋高裁刑事部は、2006年に飲酒運転の末、春日井市内で4人を死亡させるなどの交通事故を起こした被告人に対し、懲役18年の言い渡しをしたとのことである。私としては、常識にかなった妥当な判決であると評価したい。この事件について、1審である名古屋地裁は、業務上過失致死傷罪の適用しか認めずに、わずか懲役6年という軽い判決を出していた。
 確かに、危険運転致死傷罪を適用するには、被告人について危険な運転をあえて行うという故意が証明される必要がある。そのため、例えば、今回の被告人のように、事故が発生した交差点に進入する手前で、「青信号だったと思いこんでいた」という弁解をした場合に、はたして故意まで認めることができるか否かが問題となる。そして、1審の名古屋地裁は、意図的に赤信号を無視したとまでは言えないとして、危険運転致死傷罪の適用を否定して、単なる業務上過失致死傷罪によって懲役6年の判決を言い渡したのである。
 しかし、被害者側から見れば、このような軽い判決は、決して納得できるものではない。また、国民の常識から考えても、横着な飲酒無謀運転の結果、4人を死なせておいて6年の懲役刑はおかしい、軽すぎるということになろう。
 そこで、名古屋高裁は、被告人が事故現場のひとつ手前の交差点の赤信号を無視していた点をとらえ、次の赤信号についても、これをことさら無視して交差点に進入したものと判断して、危険運転致死傷罪の適用を認めたのであった。
 だいたい、飲酒の上で自動車を運転すること自体がきわめて危険な行為である。いくら本人は大丈夫だと思っていても、結果として重大な死傷事故につながる危険性が確実に高まるからである。したがって、相当量を飲酒の上で、死傷事故を起こした事件については、原則的に重罰を科する必要がある(もし必要ならば、法改正を行うべきである。)。今回の場合においても、仮に名古屋高裁がしっかりとした判決を下していなかったら、被害者の無念は晴れなかったし、社会正義など無きに等しいことにもなっていた。

日時:17:10|この記事のページ

法科大学院での教員経験を終えて

2007年12月10日

 私が愛知大学法科大学院で「行政法実務」の講師を担当するようになったのは、平成17年春のことであった。毎年春学期だけ週1回の授業を受け持った(時間は1回90分)。当時、私の授業に出ていた学生の大半は、翌年実施された新司法試験に首尾よく合格し、既に法曹としての途を着実に歩み始めている。
 私の授業は、まず、教員である私が問題を毎週出題し、学生はその問題に対する回答をレポートとして毎週私に提出する。そのレポートを私が採点し、毎回の従業に臨むという形式をとっていた。正直、毎週、学生から出されたレポートを採点することは、なかなか骨の折れる作業であった。しかし、単に学生が、教員の話を聞くだけの形式よりは格段に実力が付くと思い、このような方法をあえて採用したのであった。
 平成17年から3年間、同じ形式で授業を担当してみたが、率直な感想として、私の受け持った学生の実力が、全体としてやや下降気味であることが気にかかる。また、毎年感じることであるが、学生の授業に臨む姿勢に積極性が余り感じられない点が残念である。せっかく高い授業料を払っているのであるから、もっと教員に質問をして教員を困らせるくらいの覇気があってもよいと思うのであるが・・・。
 さて、私としては、法科大学院における講師の役目は、本年で終了するつもりである。
その理由はいろいろあるが、私が以前から警鐘を鳴らしている弁護士人口の激増問題と無縁ではない。
 弁護士人口を激増させようとする国の政策は、完全に間違ったものであるが、国がその間違いを率直に認めようとしない限り、弁護士人口は急激に増加することにならざるを得ない。そうすると、需要と供給のバランスが崩れ、需要は一向に増えぬまま弁護士供給過多の状態に陥る。その場合、弁護士としては、誰でも自分自身が廃業(引退)してもいいとは考えていないので、何とか業務の存続を図る行動に出る。
 具体的には、社会的にいくら重要であっても、採算の合わない事件は取り扱わないことになる。採算が合うか否か、相当の収入が確保できるか否かだけが事件受任の基準となる。これでは、社会正義を実現することを一つの重要な任務とする弁護士の理念を否定する結果を招く。まさに、全部の弁護士が、六法全書を手にした「サムライ業」から、そろばんを手にした「商人」への転換を迫られることになるのである。このような間違った政策を大至急転換する必要があることを、危機管理能力が発達した弁護士達は知っている。半面、「俺は大丈夫だ。自分には影響ない。」などと高をくくっている弁護士も依然多いように思う。どちらの考え方がまともか、答えは近い将来出る。

日時:11:17|この記事のページ

カテゴリー

月別バックナンバー

最近のエントリー


ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.