052-211-3639

お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

電話でのお問い合わせ

弁護士日記

弁護士日記

半島情勢を読む

2019年01月25日

 前回の弁護士日記の中で、今後の世界情勢を予測するというコラムを書いた。
 今回は、その続きである。
 年が明けても、依然として「嘘つき国家」韓国による悪質な反日行動が継続している。
 韓国は、前大統領の朴槿恵の時代はもちろんのこと歴代政権の基本姿勢は、反日であった。ところが、文(ムン)が大統領になってから、その質が変化してきたようである。
 いままでは、主たる敵は、いうまでもなく北朝鮮であった。ところが、文(ムン)が大統領になってから、左傾化がひどくなっている。どういうことかといえば、文(ムン)は、北朝鮮と和解し、朝鮮半島が一丸となって、我が国に対する攻撃を仕掛けようとしているのではないか、という懸念である。
 ここで、韓国とアメリカとの関係はどうなるのか?という疑問が湧く。韓国には、北朝鮮と対峙する形でアメリカ軍が駐留している。つまり、韓国が、体制の異なる独裁国家である北朝鮮から攻撃を受けた際に、韓国を防衛するために米軍が駐留しているというのが、これまでの大方の理解であった。
 しかし、文(ムン)は、腹の底では、米軍には韓国から出ていってもらい、ひそかに北朝鮮と統一国家(又は連邦国家)を作ろうとしているのではないか。近い将来、米軍は韓国を見限って、グアム島などに完全移転することになる。米軍が半島から出ていけば、喜ぶのは北朝鮮と中国である。
 その結果、北朝鮮は、核兵器を保持していることを背景に、力によって朝鮮半島を統一する暴挙に出てくるであろう。その場合、既に米軍のいない韓国は、北朝鮮の武力に圧倒されて、短期間のうちに降伏することになる。
 文(ムン)は、もともと北朝鮮と戦争する意思がないのであるから、すぐに講和条約を結ぶことになるということである。最高司令官である文(ムン)が、国防軍に対し、「北朝鮮軍と交戦するな」と命令すれば、国防軍はその命令に従わざるを得ない。
 このような文(ムン)の姿は、北朝鮮という外国勢力の協力を得て、韓国に革命を起こした人物という歴史的評価になろう。つまり、文(ムン)は、左翼革命家として歴史に名を残すことを狙っているのではないかという分析である。
 しかし、その場合、韓国国内にいる保守派が、黙っているはずがない。既に現時点においても、余りにも酷い自国大統領の姿を苦々しく思っている勢力があるはずである。
日本との関係を、あえて敵対関係にまで悪化させようと計画して、いろいろな捏造工作、敵対工作を矢継ぎ早に行っている文(ムン)を打倒しようと考えている勢力がいるはずである。
 そこで、「このまま文(ムン)のやりたい放題に任せておいたら、やがてキム・ジョンウンによる統一国家ができてしまい、我々保守派の人間は、全員処刑されてしまう。」と危機感をいだいた韓国の軍部がクーデターを起こす可能性がある。そして、クーデターを起こした軍部保守派としては、文(ムン)を国家反逆罪で逮捕し、処刑しようとするであろう。
 その場合、文(ムン)から救助要請を受けた北朝鮮は、同志である文(ムン)を助けるため、軍事境界線を超えて、必要とあらば中国軍と一緒になって、朝鮮半島の南半分に侵攻を開始する。
 ただ、アメリカも黙っていないと予想され、朝鮮半島において、中国軍・北朝鮮軍・文(ムン)政権軍からなる左翼全体主義国家対韓国保守派を主体とする軍・アメリカ軍などの国際連合による、第3次世界大戦が勃発する可能性がある。
 当然、火の粉を浴びる我が国も、無関係ではありえず、日本国を防衛するために、政府は必要な措置をとることになろう。
 このような国家存亡の危機を回避するためには、我が国は、平時から、十分すぎる防衛力の整備・拡大に努めることが重要である。

日時:14:16|この記事のページ

今後の世界情勢を予測する

2019年01月17日

 平成最後の年となる31年も既に1月半ばとなった。
 年の初めに当って、私なりの世界情勢を予測する。予測を行うに当たっては、過去に発生したいろいろな事件や歴史又は専門家の意見を参考にして行うことにしたい。このコラムは論文ではないから、いちいち出典を明示しない。
 未来を予測するのであるから、私の予想が全部的中することはあり得ないし、予測の内容が深刻なものであるだけに、むしろ的中して欲しくはないのである。しかし、現実主義者である私としては、根拠のない希望的観測を避け、なるべく正確に物を申し上げる責務があると考える。
 第1に半島情勢である。日本と韓国の関係は、今後、文(ムン)大統領(以下「文(ムン)」という。)が政治的に失脚し、官憲によって逮捕・起訴されない限り、戦後、最悪の状態に陥ると予想する。
 そのように予想する理由は、簡単なものである。文(ムン)は、基本的に北朝鮮に親近感をもっている。北朝鮮と連邦国家を形成しようと内心考えている可能性が高い。その場合、誰しも、「体制が異なるのであるから、そのようなことは無理ではないのか?」という疑問を持つであろう。
 しかし、文(ムン)は、場合によっては、韓国が北朝鮮によって統一されても構わないと考えているふしがある。その場合、自分はキム・ジョンウンの子分となって、南朝鮮の総督となって、キム・ジョンウンの命令に従って、現在の韓国民を統治するというようなことすら考えている可能性がある。したがって、私の見たてでは、文(ムン)は、北朝鮮の信奉者であり、スパイであるということになる。
 では、文(ムン)の対日政策はどのようなものとなるであろうか?文(ムン)の頭の中には、日本と友好関係を結ぶという考え方は、1パーセントもない。したがって、これまでにも、竹島問題、慰安婦問題、徴用工問題、レーダー照射問題などの問題が出ているが、今年は、もっと多くの紛争のネタを出してくる可能性が高い。いわば、日本に対し、次から次へと言い掛かりを付けてくるであろう。要するに、文(ムン)は、日本との関係を破壊しようという方向での行動をとるということである。
 なぜそのような行動をとるのかといえば、いろいろな原因があるが、一つは、これまでの我が国の対応が甘すぎたということである。韓国による不当な要求あるいは行動に対し、我が国は、「遺憾である」、「極めて遺憾である」、「認められない」などと繰り返すだけの甘い対応をとってきたツケが、いよいよ回ってきたということである。「遺憾である」などと仮に100回述べても、韓国には全く効果がないのである。
 例えば、国内のニュースを見ても、あおり運転を行うドライバーが依然として多いのは、現行の刑罰が甘いからである。仮に、危険なあおり運転をして他人を死なせたときは、必ず死刑に処するという法律を作れば、あおり運転をする不良ドライバーは激減するであろう。他人に大きな害を与える横着者がいるのであれば、厳罰に処し、この世から抹消するなり、懲役50年くらいの重い刑罰を与えて、一生刑務所暮らしをさせるべきである。被害に遭った家族の心情を考慮すると、現在の刑罰は「大甘」である。
 話を戻す。日本には、「日韓議連」という、誰から多額の歳費を貰って生活できるのかもよく分かっていないダメ議員が集まっている団体がある。「獅子身中の虫」といっても過言ではない意識の低い議員が跋扈している状況では、改善は容易ではなかろうが、日本は、韓国に対し、効果のある制裁を与える必要がある。
 具体的には、韓国人の我が国への入国制限、韓国製品に対する報復関税、ソウルにある日本大使館の閉鎖、韓国に対する輸出の制限である。もちろん、これらの措置をとるためには、立法が必要となるものもあろう。
 平成31年は、日韓の対立が激化し、国交断絶の一歩手前に至ると予想する。

日時:12:13|この記事のページ

カテゴリー

月別バックナンバー

最近のエントリー


ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.