お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

052-211-3639

電話でのお問い合わせ
メール相談申し込み

弁護士日記

弁護士日記

内田茂氏の政治資金パーティが開催された

2016年08月25日

 現在、東京都で最も注目を集める政治的話題といえば、東京都議会のドンといわれる内田茂氏と小池東京都知事の闘いである。この闘いの行方を正確に予測することは容易ではない。しかし、私の見立てによれば、そう遅くない日に、内田茂氏は失脚し、つまり権力を失い、小池都知事が内田茂氏に勝つのではないかと分析する。以下、理由をかかげる。
 報道によれば、内田茂氏は、8月24日夜、都内のホテルで、「政治活動40年を祝い励ます会」を開催したとのことである。そのパーティには、政府から菅義偉官房長官、自民党本部から二階俊博幹事長、細田博之総務会長などの面々ら国会議員15人余りが出席したという。
 その場で、来賓として駆けつけた菅義偉官房長官や二階俊博幹事長は、内田茂氏を持ち上げて礼賛したという。また、前の都連会長である石原伸晃経済再生大臣も、内田茂氏に対し今後も大きな期待を持っているという趣旨の発言をしたという。
 私は、この報道に接し、自民党が政権から滑り落ちる日は、案外早く来るかもしれないと感じた。自民党に、いわゆる「驕り」が感じられるからである。普通の人間であれ会社の社長又は法人の理事長であれ、絶好調のときは、ともすれば自信過剰となるため、周囲の人間の忠告を聞かなくなる。独善的な考え方に陥り、その結果、昔からいう「奢る平氏は何とやら・・・・」という状態となる。
 まさに、今の自民党は、崩壊の足音が忍び寄る平氏に当たる。直近に行われた参議院選挙でも、自民党は勝利を収め、自公政権が継続することが決まった。また、安倍首相も総理大臣を引き続き務めることに意欲を示している。自分たちの政権が今後も10年~20年と継続することは間違いないと勝手に思い込み、過信状況に陥っている。
 しかし、都知事選挙で、自民党(及び公明党)は敗北したのである。内田茂氏のような人間が都民の知らない裏側で、好き勝手をやっている状況は許さないとの審判を下したのである。これは意見ではなく、厳然たる事実である。
 都知事選で敗北した意味を本当に学習しているのであれば、今回の内田茂氏のパーティに、政府を代表して菅義偉官房長官が、来賓挨拶を行うというようなことは、絶対にあり得なかった。しかし、現実には、世論を舐めるような馬鹿な行動をとった。
 このように、自民党は、都民が下した審判結果を完全に無視し、パーティの場で内田茂という人物を全員で持ち上げた。つまり、支持した。このどうしようもない自民党の古い体質は、普通の手段では矯正不可能であると考えざるを得ない。唯一の手段は、自民党を政権から引きずり下ろすことである。政権から陥落して、つまり、野党の悲哀を味わうことでのみ、心から自分の行動を反省することができるのである。
 ただし、問題は、我が国には、自民党に代わる受け皿(まともな政党)がないということである。先日の民進党のように、選挙において共産党と共闘するという方針をとっているようでは、民進党に安心して政権を任すことは絶対にできない。
 共産党は、その名が示すとおり、共産主義を実現することを究極の理想とする政党であるから、そのような政党は、100%問題外といわざるを得ない。共産主義の下では、天皇制(天皇陛下)も不要ということにならざるを得ないのではないのか?
 したがって、私としては、我が国の安全保障体制と国土防衛を重視する非共産党系の健全な政治勢力が結集し、一大野党として出現することを期待するほかない。
 やや話が逸れたが、私が考える内田茂氏が失脚するシナリオとは次のようなものである。今年、小池都知事と内田茂氏の率いる旧勢力とは、ますます対立を深めてゆく。来年夏に行われる東京都議会選挙では、小池都知事に与する保守系議員と、旧勢力に属する自民党の議員が選挙区で激突する。
 その結果、旧勢力に属する自民党の議員の議席は、現在の半分近くにまで激減する。もちろん内田茂氏も落選する。ここに至って、ようやく政府や自民党本部も、「勝馬に乗れ」と考え直し、旧勢力の議員とは距離を大きくとり始める(無視するようになる)。その結果、内田茂氏は政治の表舞台から退場させられ、過去の人となる。
 これが、現時点での私の未来予想である。予想が的中したか否かは、来年の今頃には分かるはずである。

日時:14:50|この記事のページ

カテゴリー

月別バックナンバー

最近のエントリー


ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.