お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

052-211-3639

電話でのお問い合わせ
メール相談申し込み

弁護士日記

弁護士日記

タイのバンコクに行ってきた

2018年02月22日

 今月の17日(土)から昨日の21日(水)まで、家内と二人でタイのバンコクに観光旅行をしてきた。日本とタイの時差は僅か2時間である。17日の土曜日の昼前に中部国際空港を飛び立った日本航空機は、一路タイのバンコクを目指して飛んで行った。窓から見た風景はいつものとおりであり、雲が眼下にいくつも見えた。
 タイは、二度目である。最初に行ったのは、今からちょうど27年も前のことであり、平成3年の1月のことであった。当時、私はA総合法律事務所のイソ弁としてM弁護士の下で修業を重ねていた。今でこそA総合法律事務所は、数十人規模の弁護士を擁する愛知県下でも有数の大規模事務所であるが、私がいた平成3年当時は、弁護士といえば経営者であるM弁護士と私の二人だけの小さな普通の事務所であった。
 今回、私は懐かしい気持ちを持ちながらバンコクの国際空港に降り立った。しかし、夕方であるが暑くて気温は30度近くにまでいっていたのではなかろうか。「暑くて大変だ」と思っていたところ、その後、本当に大変なことになってしまった。
 バンコクの二日目は、有名な世界遺産のアユタヤに行った。日本から添乗員は付いてきていないため、現地のガイドのみとなる。今回は、我々二人のために一人のタイ人女性のガイドが付いた。まるで専属ガイドのようである。
 アユタヤでは、今は廃墟化している寺院の跡を観て回ったが、とにかく暑い。正午頃の温度は30度を優に超えて、33度くらいあったと聞いた。太陽がガンガン照って暑いが、ガイドさんの説明を聞きながら、また、写真も撮りながら歩いた。もちろん、熱中症対策として、ペットボトルのミネラル水を飲みながら歩いたが、寒い日本から来た体が全く馴れておらず、疲れがたまってきた。
 寺院の跡を観た後、ゾウに乗ることになっており、順番を待つ間、ゾウのいる施設の前の売店で、ハチミツ入りのドリンクを飲んだ。これがいけなかった。細かく砕いた氷が溶けて、その氷に含まれていたバイ菌も一緒に飲んでしまったようである。
 そのため、バンコクの三日目の朝は、腹痛がして、下痢になってしまった。いままで海外の各地に何度も旅行しているが、腹痛を起こしたのは、今回が初めてではなかったかと思う。そのため、三日目の観光はバンコク市内の有名な寺院を回る予定であったが、途中で本来の観光予定を変更して、早めにホテルに戻った。
 バンコクの四日目は、観光を完全にキャンセルして、一日中、ホテルの部屋で休養をとっていた。大事をとったおかげで、夜には体調もほぼ回復したため、その日の深夜には再びバンコクの国際空港に赴き、午前0時過ぎに日本航空で、中部国際空港に向かった。
 バンコクの物価についてはよく分からないが、バンコク市内のスーパーで売っているタイ国のシンハビールは、約30バーツ、約100円である。しかし、同じビールをレストランで注文すると、約120バーツ(360円)から150バーツ(450円)の高価な値段となる。ミネラル水もスーパーの価格とホテルの価格では5倍の開きがあることが分かった。
 今回の旅行で得た教訓は、「いつまでも元気だと勘違いしてはいけない」ということである。若い頃であれば、体に大した負担にならない暑さであっても、年齢を重ねると大きなダメージとなるということである。今後は、年齢をよく自覚して無理のない行動を心掛けたいと思う。

日時:15:52|この記事のページ

カテゴリー

月別バックナンバー

最近のエントリー


ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.