052-211-3639

お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

電話でのお問い合わせ

弁護士日記

弁護士日記

新元号が決まった

2019年04月02日

 平成31年4月1日に、新元号が「令和」に決まった。他の落選した元号名の候補については、さっそく、翌2日に具体的にテレビなどで明らかにとなった。他の候補と今回の令和を比較すると、私としては、「これで良いのではないか」と感じた。
 ところが、新聞記事などを見ると、典拠つまり出典が、従来は中国の古典から引用されてきたのに、今回、万葉集から引用したのは、古来からの伝統に反しておかしいという、左がかった人物の間違った意見が載っていた。こういう人物は、新元号に対し、国民の多数が歓迎している状況が気に入らないようである。左翼陣営は、本来は伝統文化の継承を重視しない立場のはずであるが、今回は、持論を枉げて「伝統の継承」という原則をわざわざ持ち出している。実に、奇妙な現象である。本日のテレ朝の羽鳥モーニングショーでも、例の玉川氏が同様の意見を述べていた。
 元号は、確かに伝統的なものであるが、別に、中国の古典から引用する必然性はない。昔は別として、中国では1949年に中国共産党の毛沢東が指導する共産主義国家が成立し、その後、中国は、年々、自己中心主義・拡張主義を基本とする全体主義国家の傾向を強めている。そのことを前提にすれば、現時点で、もはや中国の古典を参考にする必要性は消滅したと言い得る。
 将来、いつ、再び、新元号の議論が起こるかは知らないが、今後は、日本の古典を参考にして元号案を考えるべきであると強く思う。

日時:15:44|この記事のページ

ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.