お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

052-211-3639

電話でのお問い合わせ
メール相談申し込み

弁護士日記

弁護士日記

「農地法講義」がいよいよ発売される

2013年09月20日

本年7月12日付けの弁護士日記でも紹介させていただいたが、本年9月に、私の最新作である「農地法講義」が、大成出版社から発売される(定価2,400円)。私の単独執筆の本としては、11冊目の本である。
 この本は、私が、日本経営協会で農地法の講義をする際に使用することを第一の目的としている。日本経営協会が主催する農地法セミナーについては、前にも述べたことがあるが、5月が博多、6月が大阪、8月が名古屋、そして10月が東京と、毎年4か所で開催される。
 1回当たりの講義時間数は、9時間である。二日間で9時間の講義を、私一人が担当する。したがって、体調管理には日頃から万全の注意を払うようにしている。
このような話を他人にすると、異口同音に「二日間で9時間とは大変ですね。」という答えが返ってくる。確かに、9時間続けて話をするのであるから、疲れることは否定できない。しかも、講師料は、非公表とさせていただくが、お世辞にも高いとは言えない。
 しかし、長年にわたってこのようなセミナーで講師を務めていると、自ずとペース配分の仕方が分かってくる。野球でいえば、9回を自分一人で完投する責任があるのであるから、最初から全力で行くことはできない。9時間にわたって話ができるよう、うまく工夫するようにしている。
 話を元に戻す。農地法講義は、このようなセミナーにおいて、私がテキスト代わりに利用するものである。したがって、何よりも、受講生にとって分かり易く、平易に記載されている必要がある。
 この点は、手前味噌であるが、大いに自信がある。農地法に関する重要論点については万遍なく触れてある。しかも、弁護士の経験を生かして、民法及び行政法についても必要な限度で解説を行っている。農地法の法解釈に興味のある方にはお勧めの本であることは間違いない。
                                  

日時:16:38|この記事のページ

カテゴリー

月別バックナンバー

最近のエントリー


ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.