お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

052-211-3639

電話でのお問い合わせ
メール相談申し込み

弁護士日記

弁護士日記

交通事故事件の迅速処理が重要だ

2016年06月09日

 当事務所は、交通事故事件を中心として、被害者救済の基本的な立場をとっている。
 交通事故紛争を取り扱う法律事務所は、かなりの数にのぼると思われるが、そのうちのかなりの法律事務所は、損保会社からの依頼を受けて加害者側の事件も処理している。
 もちろん、弁護士が、被害者側が依頼する事件を受任しようと、加害者側が依頼する事件を引き受けようと、あるいは双方の依頼を万遍なく引き受けて処理しようと、それは、各弁護士の自由である。これが、自由業たる所以である。
 ところで、交通事故訴訟において加害者を代理するのは、ほとんどの場合が、加害者が契約している損保会社と提携している弁護士である。いわゆる、損保側弁護士である。
 私も、いろいろな損保側弁護士の方々と法廷で対峙してきたが、実力のある弁護士ほど、余り無理な主張をしないように思える。仮に主張しても裁判所がその主張を認める可能性がほとんどないような無意味な主張は、最初から差し控え、それよりも、重要な争点に絞って効率的に訴訟を進めるという基本姿勢が見られる。また、早期に和解で事件を解決してしまう。そのような姿勢は、結局のところ、事件を効率的に処理することに繋がるため、損保会社の覚えも良いということらしい。
 反対に、優秀でない弁護士の方々もかなりいる。ここでは「B級弁護士」と言う。B級弁護士の特徴は、共通して、「仕事が遅い」ということである。
 仕事が早い弁護士で、B級弁護士にお目にかかったことは余りない。逆に、仕事の遅い弁護士で、優秀と評価できる弁護士に会ったこともない。仕事が遅いとは、具体的に言えば、普通の弁護士であれば、数か月の間に準備できる訴訟の準備作業が、そうでない弁護士の手にかかると、その倍の半年間もかかるということである。
 また、B級弁護士ほど、法律知識も不十分であり、また、前記したこととも関連するが、日頃から勉強熱心でないため、自分だけの狭い物の考え方に固執してしまう。結果として、大局的見地に立って事件を見通すことができなくなるため、どうでもいいような些末な事柄に拘泥する。そのため、無駄とも言い得る多大の時間を費やしてしまうことになるのである。
 ただし、B級弁護士に事件を依頼している損保会社は、そのことを知らない。なぜなら、その弁護士が、自分に不利なことをわざわざ損保会社に正直に申告することは、普通あり得ないからである(正直に申告していたら、自分が首になってしまう危険があるからである。)。
 当事務所の特徴は、事件の処理が早いということである。主観的な評価になってしまい申し訳ないが、平均的な弁護士の2倍の速度で事件を迅速に処理するように心掛けている。当事務所の依頼者とは被害者を指し、被害者にとっては早期の事件解決が何よりも重要だと考えるからである。

日時:14:29|この記事のページ

カテゴリー

月別バックナンバー

最近のエントリー


ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.