052-211-3639

お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

電話でのお問い合わせ

弁護士日記

弁護士日記

暑かった小旅行

2019年09月07日

 今週は、5日・6日と、一泊二日の小旅行に出かけた。9月5日に岐阜を出発し、JRで敦賀を経由して小浜に行った。小浜は、自分が学生の頃、遊びにいったことがあったが、もう一回、蘇洞門(そとも)めぐりの遊覧船に乗ることとした。乗船前に「若狭フィッシャ―マンズ・ワーフ」の2階にあるレストランで「刺身定食」を食べたが、全くの期待外れであった。正直な話、ネタが新鮮ではなく、旨くなかった。
 さて、遊覧船に乗船すると、間もなく船は出発し、船は速度をどんどんと上げていった。船内のスピーカーから案内放送が流れていたが、船のエンジンの音が相当うるさく、明瞭に聞こえなかった。
 船は、大きいものと小さいものがあり、乗船するお客の人数によって、選択しているようであった。自分が乗ったのは、小さい方の船であり、乗り心地はあまりよくなかった。これまでいろいろな観光地で船に乗ったことがあるが、今回の船の格付けは最下位に位置する。
 蘇洞門の海は、かなりの透明度があり、沿岸からあまり遠くないにもかかわらず、綺麗であった。終点の「大門・小問」では乗客全員が船から降り、5分間余りの時間、絶景を楽しむことができた。波の音と観光客の声だけが聞こえ、余分な騒音が全くないのが良い。都会の騒音は本当に嫌なものである。
 なお、当日は、JR若狭本郷まで行き、その近くにあるホテルに泊まった。
 さて、翌日6日は、朝、宿を出て三方五湖(みかた ごこ)に行こうと思い、JR三方で電車を降りた。三方五湖は、学生の当時に訪れたことがあった。当時は、ここからバスで行けた。
 ところが、今回、バスの便が非常に悪く、10時半に着いたものの、12時まで一本もないことが分かった。あまり観光客がいないため、運行管理者がバスの便数を減らしたのであろうか。
 テレビなどでタレントがバスに乗って目的地を目指す番組があるが、三方五湖へのバスの本数も、利便性において最下位にランクされる。人口が極端に少ない過疎地方と同じレベルである。やはり、車で行く以外にないようである。
 仕方なく、三方駅の近くにある「三方縄文博物館」を見た。この博物館では、縄文文化の展示をしていた。イラストが多く使われており、説明が分かりやすかった。縄文土器も多数陳列されており、一つ一つ見た。博物館の建物は、マウンドのような変わった姿をしており、また、周辺は、芝生できちんと整備されていた。
 隣接する「年縞博物館」も見たが、三方五湖の一つである水月湖の底に堆積した泥の地層から、当時の環境を正確に推測することができるという。すごいことだと思った。
2日間とも天気は晴れており、最高気温も33度くらいにまで上がっていた。歩いていてもとにかく暑かった。以上で、小浜、若狭本郷、三方の三地方についてのレポートを終える。

日時:14:20|この記事のページ

ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.