052-211-3639

お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

電話でのお問い合わせ

弁護士日記

弁護士日記

新型コロナウイルスの今後を予測する

2020年02月26日

 本年の1月中旬頃から、新型コロナウイルスに関する話題が徐々にテレビなどで報道されるようになった。当初は、中国の武漢を中国政府が封鎖するなどのニュースが大半であり、日本国民も他国の出来事として捉え、余り危機感がなかったように思える。
 それから1か月以上が経過し、新型コロナウイルスの拡大は世界に及んでいる。未だ、拡大が終息するという観測は全く出ていない。テレビでも、毎日のようにこの話題を取り上げているが、我々一般国民はどうすれば一番良いのか、とまどっている。
 今のところ、北海道や、東京、愛知県などで比較的多数の感染者が出ている。私はもちろん感染症の専門知識はないので、今後どうなるのか正確に予測することなど出来ない。
 しかし、人間には過去の出来事を学んで、将来を予測する能力があることも疑いない事実である。過去、つまり歴史を知ることによって、将来に起こるであろうことについて、いろいろと考え、打つべき手段を選択することができる。
 長い人類の歴史上、特殊なウイルスが地球規模で蔓延し、人類が存亡の危機に立たされたことがあったという話は、学校の授業などでも余り聞かない。したがって、今回の新型ウイルスが、今後、仮に世界規模で拡大したとしても、それによって人類が滅亡するという可能性はゼロに近いと推測できる。
 しかし、コロナウイルス感染が大規模に拡大することによって、世界がいろいろと悪影響を受けることは十分にあり得る。
 より正確に言えば、海外との交通が遮断され、ちょうど江戸時代に日本が鎖国政策をとっていた当時と同じ環境が再現される可能性はあると考える。仮にそうなった場合、世界の各国から、外国人が日本に来なくなる。正確に言えば、法的に渡航が制限されるため、日本に来ることが禁止される。
 その場合、国内経済に大打撃となることは言うまでもない。ここ数年は「インバウンドに期待する」という声が日本の各地(特に観光地)で聞かれたが、私はその当時から、インバウンドに頼る商売は、リスクが大きいと分析していた。
 結論を言えば、インバウンドなどには最初から大きな期待を持ってはいけないということである。そんなことに期待して設備投資を行い、また、そろばんをはじいているようでは、ダメだということである。インバウンドは、あくまで脇役という位置付けが正しいと思う。外国人頼みの政策は、どのようなものであっても危険が大きい。
 さて、昨日あたりから、東京オリンピックの開催が危ぶまれているという話まで出ているが、果たしてどうなるか?
 私の見立ては、オリンピックが中止に追い込まれる可能性は70~80パーセントと高いと判断する。理由は簡単である。ウイルス感染が世界規模で拡大を続ける結果、各国とも選手団を日本に送らないという決定をする可能性が相当に高いためである。私としても、このような予想は当たって欲しくないと心から思う。しかし、現実は厳しい。今後の展開を待つ以外にない。
 

日時:17:17|この記事のページ

ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.