お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

052-211-3639

電話でのお問い合わせ
メール相談申し込み

弁護士日記

弁護士日記

甘利大臣辞任の報を受けて

2016年01月29日

 昨日、経済再生担当大臣であった甘利明氏が辞任した。辞任の原因は、知り合いの建設業者の代表者の男から金を受け取ったが、政治資金収支報告書に適切に記載されていなかったという疑惑である。金を受け取った時期と場所は、1回目が、2013年11月に霞が関の役所の大臣室であり、2回目が、2014年2月に地元の神奈川県大和市の事務所内だったとされている。
 金額は、2回で、僅か合計100万円である。それだけであれば、辞任にまでは至らなかったであろうが、これに加え、甘利氏の秘書が、知り合いの建設会社から受け取った500万円のうち300万円を私的に流用したという疑惑も浮上した。そのため、秘書の責任も取らされた形で、辞任に追い込まれたものである。
 この事件は、何か裏があるのではないか、と私は見ている。なぜなら、2013年の11月と2014年の2月というと、現時点から2年以上も前の話だからである。2年以上も前の話が、なぜ、本年2月にニュージーランドで予定されているTPPの署名式の直前に出てきたのであろうか?いかにも不自然である。
 また、建設会社の代表者の男が、当時、密かに録音を行っていたというのも動機において疑念がある。当時、その男性が、お金を渡す際に、わざわざ録音までしたということは、後日、その録音を何かの目的に利用しようという意図があったということしか考えられない。
 そして、その意図とは、最初から、甘利氏が、説明の付かないお金を受け取っていたという事実を後日になってから立証する目的で行ったか、あるいは、録音をネタに甘利氏に対し何らかの圧力を掛けようとする意図があって行ったのか、の二つに絞られるからである。
 いずれにせよ、甘利氏が、そのような胡散臭い男性を自分に近づけてしまったことは、代議士人生における最大の失敗であった。
 甘利氏の上記行為に対し、私は弁護するつもりはない。しかし、野党がこの一件をネタにして、国会で甘利氏の上記責任や、口利き疑惑を追求し、さらに、同氏を任命した安倍総理の任命責任を追及することには異論がある。確かに、甘利氏は、法に触れかねない行為を行った。また、口利き行為と言われても仕方がない行為を行った。そのことには重い責任が発生する。
 しかし、だからといって、安倍総理が今まで進めてきた経済政策や、TPP交渉をここで頓挫させることはできない。仮にそのようなことをした場合、我々国民に大きな不利益となって跳ね返ってくるからである。
 一番重要なことは、野党に、甘利氏の責任を追及する資格があるか?という根本的な疑問である。与党・野党を問わずに、地元の選挙区に有利になるように行動することは、むしろ当たり前のこととされている。地元に公共事業を行うための国家予算を付けるよういろいろと、見えない形で霞が関の省庁に働きかけて尽力することは、誰でもやっていることなのである。これも、一種の口利きと考えることもできないわけではない。
 与党議員の他に野党議員もそのようなことを当たり前の行為として認めておきながら、甘利氏が、僅か50万円や100万円の金銭を受け取った途端に、何か鬼の首を取った如く喜んで、騒ぎ立てるのはおかしい。自分たちが来るべき選挙で優位に立ちたいという魂胆しか窺えないのである。
 まして、今回のことを理由に、野党が、TPP交渉が進まないように運動することは、全く筋違いの話であり、また、国益を害するものとして絶対に認めるわけにはいかない。資源の無い我が国が、今後も先進国の一員として存在しつづけるためには、貿易を通じて外貨を獲得するほかないのである。そのためにも、TPP交渉を積極的に前進させる必要がある。
                

日時:16:20|この記事のページ

カテゴリー

月別バックナンバー

最近のエントリー


ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.