お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

052-211-3639

電話でのお問い合わせ
メール相談申し込み

弁護士日記

弁護士日記

見苦しい姿を晒す前文部科学次官

2017年05月26日

 毎日、次から次にニュースが報道される。
 私が特に関心がある分野は、政治、外交、軍事分野である。反面、スポーツ関係は、大相撲、プロボクシング及びプロ野球を除き、ほとんど関心がない。
 さて、本日は、前川喜平前文部科学次官を取り上げる。前川氏は、つい最近までは、文部科学省の事務方トップを務めていた人物である。ところが、文部科学省を退職した役人の天下り問題の責任を取らされて、次官を辞めた。
 この天下り問題は、法律に違反した違法性のある問題であって、当初、前川氏が、自分自身を除いた職員や元職員の処分を決定しようとしていたことに対し、周囲から、「最高責任者が責任を免れようとするのは、いかにも無責任である」との声を受けて、仕方がなく、しぶしぶ次官を辞めた人物であるという事実をまず押さえておく必要がある。
 前川氏は、学校法人「加計学園」問題について、国家戦略特区に獣医学部を新設するに当たり、「内閣府に押し切られた」「内閣府から、『総理のご意向である』などと言われて加計学園が獣医学部を新設することについて、文科省は無理やり認めさせられた」などと言っている。
 私は、前川氏の記者会見の様子をみて、「これが文科省の前事務次官か。違法な天下りを長年にわたって斡旋していた役所だけあって、この程度の人物でも次官になれるのか」と感じた。
 今回、前川氏は、行政が歪められたというが、仮に、本当にそう考えていたのであれば、なぜ、自分が文科省の次官を務めていた際に、徹底的に抵抗をしなかったのであろうか?抵抗すべき時に抵抗せずに、自分がしぶしぶ次官を辞めてから、意趣返しをしようとするがごとく、弁護士を同席させた上でわざわざ記者会見までするのは筋が通らない。実に情けない姿といわねばなるまい。抵抗すべき時に抵抗しなかったということは、仮に、違法天下り問題が発覚せず、前川氏も次官を辞めなくてもよかった場合は、現役の次官である前川氏が今回のような記者会見をするはずがないことは100パーセント疑いなく、その結果、国民は何も知らぬままでいたことになる。そのことを考えただけでも、前川氏という人物の性根が垣間見えるのである。
 また、前川氏は、政治家と役人の関係について根本的な誤解をしているように見える。政治家は、我々国民が選挙において投票することによってその地位に就くことができる。代表民主制をとる我が国では、選挙によって選ばれたという事実が、政治家を支える根本事実となるのである。換言すれば、正当性の根拠は、選挙で選ばれたという点にある。
 かたや、役人は、我々国民が選ぶのではなく、国が公務員の採用試験を実施し、各省が採用者を決定するだけである。したがって、公務員の立場を支えるのは、国民ではなく、試験で合格を勝ち取ったという事実だけである。どんなに変人であっても、各省が採用してしまえば、悪事を働いて糾弾されない限り、国民はその人物に対しては何も言えないのである。
 ということは、国政を決定する最終的な立場にあるのは、政治家であって、公務員ではないのである。公務員は、法律に従って、上司の命令を聞いて公務をこなせば足りる。
 今回、仮に内閣府を通じ「官邸の最高レベルの意向」があると伝えられたことが事実であったとしても、その声こそ政治家の声に他ならないのであるから、実は、何の問題もないのである。国家戦略特区法に従って適法に行政が行われている限り、つまり違法性が認められない限り、安倍総理の意向がある程度反映されたとしても、全く問題はないのである。これが政治主導というものである。
 本件に関し、民進党などは、前川氏の証人喚問を求める方針であると聞く。全く何も分かっていないと言うほかない。民進党は、かつての社会党にどんどん似てきているように思う。国籍不明の党首が、意味もなく声高に吠えるだけの政党は、やがて消滅するほかない。

日時:16:34|この記事のページ

カテゴリー

月別バックナンバー

最近のエントリー


ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.