お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

052-211-3639

電話でのお問い合わせ
メール相談申し込み

弁護士日記

弁護士日記

全く評価できない米朝会談

2018年06月13日

 昨日、6月12日は、シンガポールでアメリカのトランプ大統領と、北朝鮮の独裁者であるキム・ジョンウンとが会談し、世界的な注目を集めた。
 しかし、共同声明の内容は、全く期待外れのものであった。
 第一、少し前の時期までは、お互いに相手を罵っていた両名が、急に、笑顔で握手をすること自体に大変な違和感を覚えた。過去の悪態をつく態度が本当なのか、あるいは6月12日の日に見せた表情が真実なのか?
 トランプ大統領は、根が実業家であり、しかも不動産業を営んでいたのであるから、相当の「古狸」であることは間違いない。外部に向けて発する言葉と、内心は全然別物だということである。しかも、発言内容がコロコロと変わる。
 また、アメリカ第一主義を掲げ、これまでの西欧民主主義国家との良好な関係を壊すことも躊躇しない。アメリカの大統領としては、いわば、型破りの人物である。
 私が一番注目していたのは、共同声明で、朝鮮半島の完全な非核化が具体的に明記されるのかということであった。しかし、私のこれまでの分析によれば、北朝鮮が核兵器を放棄することはあり得ないというものであった。
 蓋を開けると、キム・ジョンウンは、「朝鮮半島の完全非核化を約束した」とあるが、その具体的な手法又はスケジュールについては全く触れられておらず、さらに、いつまでに非核化するのか、その時期(期限)についても全く書かれていない。
 これでは、全く意味がない。民事事件の和解に例えれば、現にAから100万円の借金をしたBが、「Aに対し借金を完全に返済することを約束した」という示談書に近い。これでは全くダメである。Bが約束を守る意思がない場合は、100万円がAに返ってくることは永久にないからである(もちろん、国内の民事事件であれば、裁判所に提訴することは可能であるが)。
 反面、トランプ大統領は、北朝鮮のキム・ジョンウンが切望していた「北朝鮮の安全」=「キム一族の支配体制の保証」を簡単に飲んでしまった(認めてしまった。)。つまり、何の具体的な見返りもないまま、キム・ジョンウンの一番の希望だけを受け入れるという馬鹿げた約束をしてしまった。
 我が国が一番気にしていた拉致被害者の帰国問題については、共同声明に記載されなかった。これは、米朝の協議文書であるから、記載がなくてもやむを得ない。トランプ大統領は、口頭でキム・ジョンウンに対し、拉致被害者の問題について伝えたと言明しているが、おそらくキム・ジョンウンは、聞き流していたに違いない。
 6月13日の北朝鮮の労働新聞の論評にも、日本人拉致被害者の件については一行もコメントがないと聞いている。北朝鮮は、従来から、「拉致被害者の問題は解決済みである」という立場をとっていることも考え併せると、我が国の政府が気にしているレベルと同じレベルで、北朝鮮が気にしているとは考え難い。
 今後の私の予想を述べる。①北朝鮮は、朝鮮半島の完全な非核化を進めるためには、まずは在韓米軍の撤退又は大幅縮小が必要であると言ってくる。②トランプ大統領は、もともと海外の米軍を削減したいと考えていた人物であるから、この要求に応じる。③
 北朝鮮は、朝鮮半島の完全な非核化を進めるためには、国連が中心に行っている経済制裁を解除するか大幅に緩和するよう求めてくる。④トランプ大統領は、これまでの政策を撤回し、非核化を実現するために北朝鮮に対する経済制裁を解除するか緩和すると言い出す。⑤驚いた西側民主主義国家は、トランプ大統領に対し、「なぜ政策を転換するのか?」と問いただすが、トランプ大統領は、「アメリカ、ファースト」を唱えて、西側民主主義国家とのこれまでの関係を全く気にしない態度を示す。⑥結果、従来の西側諸国の世界的な安全保障体制に大きな亀裂が入り、かたや中国やロシアのような独裁国家が、この事態を歓迎し、ほくそ笑む。⑦北朝鮮は、隠れたまま核兵器の生産と拡大を目指す。⑧中国とロシアの支持を得た北朝鮮は、突如、韓国に対し攻撃を開始し、やがて朝鮮半島は北朝鮮が完全に支配する独裁国家となる。⑨ここに至って、我が国においても、国土防衛のために限定した核兵器の保持についての議論が始まる。
 以上が私の将来予測である。もちろん全部の予想が的中して欲しくないが、半分くらいは、当たるのではなかろうか。

日時:14:04|この記事のページ

カテゴリー

月別バックナンバー

最近のエントリー


ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.