お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

052-211-3639

電話でのお問い合わせ
メール相談申し込み

弁護士日記

弁護士日記

松本龍は議員を辞めるべきである

2011年07月05日

 民主党の国会議員である松本龍は、今回、とんでもないことをやった。
 復興担当大臣として出かけた宮城県及び岩手県で、震災の復興の先頭に立っている県知事に対して暴言を吐いた(または非常識な態度をとった)のである。私は、そのニュースを昨日(7月4日夜)のテレビのニュース番組で見た。
 画面には、宮城県庁内の会議室と思われる部屋に、松本龍が先に入って応接イスに腰掛ける様子が写っていた。その際、松本龍は、何かぶつぶつ言っていたようである。
 すぐ後に、宮城県知事である村井知事が入室し、松本龍に対して握手を求めたが、松本龍はこれを拒否した。そして、村井知事に対し、「お客さんが来るときは自分が先に入ってからお客を呼べ」と言った。それに続けて、村井知事に対し、部下を叱責するような調子で、乱暴な口をきいた。傍から見ていても極めて印象が悪かった。私は、松本龍を、思い切り張り倒してやりたいような気分に陥った。
 一体、この松本龍という男、自分を何様だと勘違いしているのか?
 松本龍は、政府の復興担当大臣として宮城県に来たのである。あくまで公務を果たすために来たのである。これに対し、村井知事も知事としての公務を果たすために会談に臨んだのである。したがって、この会談は、公務である。
 そういう中学生でも分かっている基本事項を、松本龍は分かっていなかった。公務としての会談を行っているのであるから、それ相当の礼儀をわきまえた口のきき方をする必要がある。社会人としての最低限のマナーを守る必要がある。
 ところが、テレビでの発言を見る限り、松本龍の言い方は、あたかも戦国時代において、戦いに勝った武将が、戦いに負けた敵の武将に命令しているような口調であった。まさに信じ難い異様な光景であった。
 現在、国と地方公共団体とは対等な関係であって、上下関係にはない。したがって、松本龍は、村井知事の上級行政庁ではないのである。それどころか、地元である地方自治体の協力がなければ、国はほとんど何も復興対策をとれないのである。そういう当たり前の常識を松本龍は忘れていた。
 こんな非常識な男を復興担当大臣につけた菅総理大臣の眼力はと言えば、まさに節穴といってよい。仮に、今後の国会審議において、菅総理が、松本龍をかばうような態度を示すことがあったとすれば、もう民主党は終わりである(私は投票しない。)。
 また、松本龍は、取材をしていた報道陣に対し、「今の最後の言葉はオフレコですよ。書いたら、その社は終わりだから」と恫喝した。暴力団の最高幹部が、善良な市民に対し、脅しをかけている場面と見間違えるような印象すら受けた。
 また、松本龍は、岩手県庁においては、庁舎の前で出迎えた達増岩手県知事に対し、サッカーボール蹴りあげ、そのボールを達増知事に受け取らせるという、未だかつてどのような政治家もやったことのないような愚行をあえて行った。
 このような松本龍の、公務をないがしろにする姿勢には本当に怒りを覚える。松本龍は、岩手県に、サッカーを行いに来たのではない。しかも、蹴りあげたボールを自治体のトップである県知事に受け止めさせる、という非常識極まりない行為を行ったのである。こんな人を侮辱した行為は、小学生でもやらない。
 松本龍は、一日も早く国会議員を辞めて、地元に帰った方がいい。このような自覚の無い男に、歳費を与え、また国の政治を任せることなど到底できないからである。
                                             

日時:15:31|この記事のページ

カテゴリー

月別バックナンバー

最近のエントリー


ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.