お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

052-211-3639

電話でのお問い合わせ
メール相談申し込み

弁護士日記

弁護士日記

農地法講義[補訂版]が出た

2014年12月15日

 私が書いた「農地法講義」[補訂版](大成出版社)が、先週、全国発売となった。この本は、「農地法講義」の内容を少しだけ訂正し、また、付録の条文を最新のものと差し替えたものであって、基本的には、「農地法講義」と変わらない。
 今回は、800部を発行したということである。農地法は、最近では、毎年のように少しずつ改正がある。本が陳腐化する可能性が高止まりしているということである。そのため、一度に大量の部数を印刷してしまうと、陳腐化による売れ残りが出てしまう危険性がある。
 そこで、発行元の編集部も、そのおそれを察知されたようであり、今回は、800部という比較的少数の部数にされたようである。
 また、この本の姉妹書である「農地法読本」[改訂版]も、今月の下旬に出ると聞いている。したがって、農地法の入門書が、同じ月に2冊同時に出るわけである。このようなことは私としても初めてのことであり、今後の売れ行きが大いに気になるところである。
 本というものは、内容も大事であるが、売れるのか売れないのかは、もっと大事である、と私は日頃考えている。出版業が、広く我が国の文化の発展に貢献するといっても、出版社の経営が成り立たなければ元も子もないということである。
          

日時:13:12|この記事のページ

カテゴリー

月別バックナンバー

最近のエントリー


ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.