お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

052-211-3639

電話でのお問い合わせ
メール相談申し込み

弁護士日記

弁護士日記

都知事選挙の結果を予想する(2)

2016年07月27日

 前回、私は、7月12日付けの弁護士日記の中で、今回の東京都知事選挙の当選予想を行い、小池百合子氏の当選の可能性が最も高いとの見方を示した。
 その後、最近になって、各種の世論調査の中で、「小池百合子氏が選挙戦で優勢を保っている」との報道が多く出ている。私の予想が的中する可能性が増している。
 ここで、あらためて当選者の予想を行うが、やはり小池百合子氏の当選はほぼ間違いないのではないかと考える。もちろん、選挙はやってみないと分からないといわれることもあり、「当確」の報道が出るまでは、何が起こるか分からないといえる。
 しかし、冷静になって3人の候補者を見比べてみれば、小池百合子氏がこのまま優勢を保って選挙日まで行く可能性が濃厚であるというほかない。以下、理由を掲げる。
 小池百合子氏は、今回の選挙で自民党の東京都連の推薦を受けることができなかった。自民党の都連のドンといわれる都議会幹事長の自民党議員から「俺は聞いていない」という態度を示され、推薦を受けることができなかったとのことである。しかし、都連のドンなる議員に、いかほどの発言力があるかは知らないが、その人物が「聞いていない」という理由で、小池百合子氏を排除しようとした点は、全く納得できない。都議会幹事長はそんなに偉いのか?という疑問が出てくるからである。
 また、自民党都連は、関係する自民党員に通達を出し、「小池百合子氏を応援した場合は、一族郎党を処分する」とまで脅しをかけた。このような前近代的なやり方を振りかざす自民党には強い反感を覚える。政党という組織が存在する以上、一定のけじめは必要であるが、今回の通達はおかしい。一部の権力者が、自分の気に入らない人物に対し、いわれのない攻撃を加えようと画策しているとしか思えないからである。実に、度量の狭い汚い手法である。
 私は、前の弁護士日記でも書いたが、「ドン」、「ボス」、「大御所」などと言われて良い気になっている人物は、大嫌いである。なぜ嫌いかといえば、私の反骨精神がこのような傲慢な人物を認めないからである。要するに、権力(金力・財力・親の七光り等の権力)をかさに、自分勝手にやりたい放題やっているような人物には決して与しないというのが、私の流儀だからである。
 小池百合子氏は、そのような古い自民党的体質に対し、「ノー」という声を突き付け、徒手空拳で戦っている。まさに「女は度胸」を地に行く姿は、映画のヒロインのようであり、実に小気味よい。多くの都民の共感を得ているのも当然といえる。
 対する、増田寛也氏であるが、自民党・公明党・東京都連の全面的な支援を得ている。普通であれば、組織力は増田寛也氏が圧倒的に勝っているのであるから、後は、無党派層と呼ばれる人々(有体にいえば、政治に疎い人たち)の20~30%の支持を得ることができれば、ダントツで当選できるはずなのである。また、増田寛也氏自身は、大変に有能で、また、謙虚な方であるとお見受けする。氏は、普段から、「他人に迷惑をかけないよう心掛けている」との話である。私の見たところ、増田寛也氏は、本来は東京都知事としては適任者であると思う。
 しかし、今回は事情が異なる。なぜなら、仮に増田寛也氏が都知事になった場合、自民党の東京都連の幹事長などの古い体質を持った連中の発言力は、これまで以上に増大し、仮に増田寛也氏が真面目に改革をしようとしても、全部、裏でストップをかけてくることはほぼ間違いないからである。
 したがって、今回、私としては、古い東京都政を維持する結果となる増田寛也氏を支持することはできない。
 最後に、鳥越俊太郎氏であるが、問題外である。一体、この御仁は、何を目的として今回の都知事選挙に出馬したのであろうか?志が全く見えない。単に、「参議院選挙で野党が負けたことにショックを受けた」というのが出馬の本当の理由だとしたら、余りにも都民を舐めた話である。
 参議院選挙で野党が負けたのは、野党に政権を担う能力も覚悟もなく、単に自民党・公明党の悪口を言うことに終始したからである。自分に能力がないために国政選挙で負けたのである。入試に例えれば、学力が全くないため志望校の入試に落ちた学生が、「あのような問題を出す方がおかしい」とぼやいている姿と同じである。
 鳥越俊太郎氏が、真のジャーナリストであれば、それくらいのことは分かるはずである。しかし、鳥越俊太郎氏は全くピントのぼけた話をしているのであるから、これではとても東京都の首長は務まらないのである。
 また、鳥越俊太郎氏を応援する選挙カーに上がっている人物を見ると、「自衛隊は人殺しの集団だ」と考える共産党の小池晃議員と、戦後最低の総理と言われた菅直人元首相が傍にいた。このような人物に応援を依頼している鳥越俊太郎氏には、人を見る目はないというべきであり、巨大組織の長としての資格はない。私としては、鳥越俊太郎氏にはダメ出しをする以外にない。
   

日時:10:42|この記事のページ

カテゴリー

月別バックナンバー

最近のエントリー


ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.