お問い合わせ電話番号
受付時間:午前10時~午後5時

052-211-3639

電話でのお問い合わせ
メール相談申し込み

弁護士日記

弁護士日記

姫野友美著「成功する人は缶コーヒーを飲まない」を読んで

2011年10月31日

 最近は、年のせいか健康に関する本を読むことが多い。今回、紹介する本は、姫野友美という医師が書かれた本である。昔から、体が疲れたときには甘い物が効くといわれており、自分もそう信じていた。
 ところが、疲れたときには甘い物を食べるとよいというのは、必ずしも正しくないことであるらしい。どういうことかというと、甘い物を食べると、急激に血糖値が上がる。そのため、体は、急激に上がった血糖値を下げるために、膵臓からインスリン分泌して血糖値を下げようとする。そのため、低血糖症が引き起こされることになって、逆に疲労感や眠気が出て、仕事の能率が上がらなくなるということらしい。また、余りにも頻繁にインスリンが分泌されると、膵臓が疲れてやがてインスリンの分泌が悪くなるという弊害も起こるという。
 確かに、自分でも、過去に甘い物を大量に食べたときは、後で気分が悪くなった経験もあり、あれは、インスリンが一時的に大量に分泌された結果か、と分かった。
 ただし、甘い物を少しだけ摂取するのであれば、インスリンが大量に分泌されることもないはずであり、余り問題はないのではないかとも思った。
 また、この本によれば、脳に一番必要な栄養素はタンパク質であるとも書いてある。
その理由として、脳の乾燥重量の40パーセントはタンパク質でできていること、また、脳を使う際に働く神経伝達物質にはタンパク質が必要であるということがあげられている。
 このタンパク質は、いうまでもなく3大栄養素のひとつである。3大栄養素とは、タンパク質、糖質及び脂質である。これらのうち、タンパク質の場合には、最小単位がアミノ酸となっており、必須アミノ酸と非必須アミノ酸に区分することができる。そのうち、必須アミノ酸は人体内で合成することができないため、必ず食物として外部から摂取する必要がある。必須アミノ酸は、動物性タンパク質に多く含まれるので、豚肉、牛肉、魚肉などを食べる必要がある。
 もちろん人間が社会生活を送るためには、米やパンなどの糖質をとる必要があることはいうまでもない。しかし、糖質の場合は、タンパク質と違って消化吸収が早いので、前述したように急激に血糖値を上げてしまうのである。また、余分に摂取した糖質は、インスリンの働きによって体内脂肪として蓄積されてしまう。これが、いわゆるメタボ症候群の原因となる。私も、この本を読んでからは、米や麺、あるいはパン類を食べ過ぎないように気を付けるようにしている。
 さらに、現代人は日々いろいろなストレスにさらされている。その場合、ストレスに対する抵抗力を高める対策として、野菜、果物を食べることが有効であるとされている。特に、ビタミンCが重要な働きをする。このことは大方の人々が知っていることである。
 ただし、市販の野菜ジュースには余り効果を期待することはできず、やはり生が一番ということである。その理由として、野菜に含まれるビタミンやミネラルは、加工と同時にどんどん酸化して効果が薄れていくということが書かれている。
 確かに、町のスーパーには、手ごろな値段で多くの野菜ジュースが置かれているが、自分も、これらのジュースに、はたしてどれだけの有効な栄養素が含まれているか疑問に思ったことが、過去にもあった。値段は高くなるが、生のものを食べるのが一番のようである。
        

日時:13:26|この記事のページ

カテゴリー

月別バックナンバー

最近のエントリー


ページの先頭へ

Copyright (c) 宮﨑直己法律事務所.All Rights Reserved.